病院

頚椎椎間板ヘルニアの治療ならクリニックにお任せ|素早く改善

クリニック選びなど

病院内

鼠径ヘルニアによる主な症状は、小腸などの位置がずれる脱腸でしょう。脱腸などの症状が現れると痛みや不快感が生じます。改善するためには、クリニックなどで行なう手術が有効的です。

More Detail

快適な生活を送れる

手

痛みの症状に対して、専門的に治療を行っている病院のことをペインクリニックと呼びます。横浜クリニックもペインクリニックのひとつであり、様々な原因による痛みを解消してくれています。

More Detail

放置すると進行する

シニア女性と看護師

リウマチは、体を動かすために重要な役割を果たしている関節で発症する病気です。世田谷にはリウマチを専門的に診てくれる病院がいくつかありますので、初期症状の段階で早めに診察してもらいましょう。

More Detail

様々な方法に関して

腰を押さえる人

身体には幾つかの頚椎が存在します。頚椎は椎骨によって構成されていて、全部で7つあると言われています。7つある頚椎の内第2頚椎部分には椎間板が存在します。椎間板の役割は、運動などによって生じる衝撃を吸収して身体へのダメージを抑えます。そうすることによって、身体を健康な状態に保ち毎日を安全に過ごすことが可能なのです。

頚椎椎間板ヘルニアは、椎間板に異常が生じた結果クッションの役割が果たせなくなった状態です。頚椎椎間板ヘルニアに陥ってしまうと、頚部痛などを発生させますし、加えて手足の麻痺などといった神経部分の異常にも繋がります。そうした症状が長引いてしまうと、日常生活に支障をきたすこともありますので、もし自覚があるのであれば早めに治療を受けるのが賢い選択ですよ。

頚椎椎間板ヘルニアを治療する為にはクリニックを利用することになるでしょう。クリニックで行われている治療は幾つか種類があります。例えば、クリニックなどでも良く扱われるのが保存療法です。保存療法の特徴は、頚椎椎間板ヘルニアによる症状が引くまで安静にするという点です。安静にすることによって症状の緩和を待ちます。保存療法の際には、安静にするだけではなくて、姿勢矯正、それから薬物を用いて症状の改善に勤しみます。進行してしまった頚椎椎間板ヘルニアに対しては、安静療法だけでは治療効果が現れない可能性もありますので、内視鏡摘出手術などを行なうこともあるでしょう。